株式会社image factoryが以下の広告に該当すると認めたものは、取り扱わないものとする。

  • 1.広告主が明らかでなく、責任の所在が不明なもの。
  • 2.虚偽の事実を内容とするもの。
  • 3.事実を誇張して乗客に過大評価させるもの。
  • 4.事実の有無を問わず、第三者を誹謗し、又は排斥、中傷するもの。
  • 5.第三者の名誉又は信用を既存し、プライバシーを侵害するおそれのあるもの。
  • 6.暗号を含むと認められるもの。
  • 7.食品の広告で、健康を損なうおそれのあるもの、その内容に虚偽や誇張を含むもの。
  • 8.教育施設又は教育事業の広告で、進学・就職・資格などについて虚偽や誇張のおそれのあるもの。
  • 9. 通信販売、ウェブサイトを利用した販売の広告で連絡先、商品名、内容、価格、送料、数量、支払方法及び返品条件などが不明確なもの。
  • 10.風紀上好ましくない商品やサービス、及び性具に関するもの。
  • 11.寄付金募集を目的としたもの。
  • 12.商品先物取引に関するもの。
  • 13.宗教活動、意見広告及び個人の宣伝に関するもの。
  • 14.係争中の問題に関する一方的声明を内容とするもの。
  • 15. 第三者の特許権、商標権、著作権その他の権利侵害のおそれのあるもの。
       なお、特許権者、商標権者、著作権者その他権利者(各権利の実施権者を含む。)
       及びその委託を受けた管理者から使用許諾を受ける必要のあるものに
       ついては、広告主がその責任において許諾を得るものとする。
  • 16.児童及び青少年を害するもの。
  • 17.皇室の写真、紋章や、その他皇室関係のものを無断で利用したもの。
  • 18.公序良俗に反するもの。
  • 19.法令に違反するもの。
  • 20.その他image factoryの広告として不適当であると判断したもの。
資料の請求・お問い合わせはこちらから